テーマ:時代劇

y&m独り言 お待たせ大覚寺 

京都・大覚寺に行ってきました。 大覚寺の由来はこちらをごらん下さいませ 手抜きで御免なさい。(^^♪  ↓   ↓    ↓ 旧嵯峨御所 大本山 大覚寺 前々からブログに書いてますが、大覚寺は 近江八幡・八幡堀と並ぶ、時代劇の有名な撮影スポットなんです。 大の時代劇ファンとしては、毎回ここに来るのが…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

y&m独り言 取り止めのないことを・・

この度の集中豪雨で不幸にして被災された方々、 お亡くなりになられた方々には心よりお見舞いと お悔やみを申し上げます。 いやぁ 毎日ホントに暑いです。 被災地の皆さんはインフラが復旧しない中、 本当に辛い毎日を過ごされていると思うと 暑い暑いと言いながらクーラーの入った部屋に 居る自分が申し訳ない気分です。(>_&…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

久しぶりに桜の近江八幡 八幡掘巡り(04/06追記有り)

早朝に自宅を出て車で2時間。 やって参りました! 滋賀県近江八幡 八幡掘です。 計算通りに8時50分着! ←上手い(^^♪ ←自画自賛 日牟禮八幡宮の駐車場に車を停めて、9時オープンのクラブ・ハリエに。 クラブ・ハリエは老舗和菓子屋の"たねや"の弟さんがやっている 人気の洋菓子店でバームクーヘンが有名で…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

ちょっと息抜き?

ふむ・・今回のタイトルはあきらかに間違ってますね。 現役を数年前にリタイアした私は、今や24時間息抜き状態。 食べたい時に食べ、眠くなったら所構わず、時間を選ばずに熟睡。 だから深夜や夜明け前に起きだすことも度々で・・。 昨日なんか酷かった。目が覚めたら6時過ぎ。  今朝はなんとなく薄曇りでセミの声も無しか・・。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

良いこと有りましたよ

長年の謎が解けました。 時代劇が大好きで、特に池波正太郎氏や司馬遼太郎氏の大ファンです。 TVドラマ 鬼平犯科帳のエンディングで気になる女優さんの 名前がどうしても分からず、長年 「ご存じの方は教えて下さい」 と・・あちこちに書いてきたのですが・・。     ↓    ↓     ↓ 鬼平犯科帳の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田郁の世界 銀二貫 琥珀寒

天満天神の盆梅展に入ったら こんな張り紙が・・。 「みおつくし料理帳」からの高田郁フアンです。 そう言えば「銀二貫」は天満の天神さんと市井に生きる人々の 強い絆のお話でしたね。 思わず飛びついてしまいました。 これが「琥珀寒」。 梅こぶ茶とセットで300円。 なんと・・なんと・・・・・美味っ!。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼平犯科帳の世界 通天橋

前々から一度行きたいと思っていた処 京都 東福寺の通天橋 紅葉の名所でもあります TVドラマ 鬼平犯科帳のエンディングに映し出される 「秋」のシーンで有名です どうせ行くなら是非「秋に」 で・・・ 誰も考えるのは同じ 朝8時半の開門から人の波 お目当ての通天橋の上も人・人・人 あの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼平犯科帳の世界 今宮神社

京都市紫野にある今宮神社。 この神社の「創始由緒」と「玉の輿」の起源については      こちらで省略。 ⇒⇒ 「今宮神社」 それよりもTV時代劇・鬼平変犯科帳のエンディングに 映された茶店のシーンの方が私には強烈です。(^^♪ 門前に二軒のあぶり餅屋さん。 左手が「かざりや」 右手が「一文字屋」。 この日は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイムスリップ 御家人斬九郎

見てはいけないモノを見てしまいました・・。 思わずエエっ~~???。 まさか・・そんなはずは・・ 御家人斬九郎 第二シリーズ。 左の石灯籠 年号が・・・「大正十五年」になってますね。 御家人 斬九郎の最終回は、文明開化の明治。 蔦吉さんを乗せた人力車を牽く斬九郎。 となるとお話は江戸時代後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金曜プレステージ 剣客商売

久しぶりに見た「剣客商売」。 あまりに藤田小兵衛さんと脇役陣のイメージが強かったので、 その分は割り引いて見ていましたが・・。 なんか・・全体のバランスが悪いというか、見ていて、のめり込めないと言うか。 だいたい、あれほど原作が有るのに、今更「老中暗殺」はないと思うなぁ。(笑) 誰が良かった、悪かったの問題じゃなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ 「剣客商売」 がっ!

今月は私の好きな作家の、文庫本が出ません。 先月も面白そうな本が無かった。 亡くなっている人が多いから、新刊も出ない。 それに既存のモノはほとんど読んでいるから、 新たに文庫化されるモノが無いのです・・が無いと退屈デス。(笑) 退屈しのぎに何か無いかと見ていると・・・、ええっ! もっと接近! や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 下賀茂神社 糺の森

近江八幡・八幡堀から大急ぎでやって来ました。 下賀茂神社 糺の森。 昔ここには池があったそうですが、今は窪地だけが残っています。 でも・・ね。 ここも八幡堀と一緒で、見た事が有りますよね。 時代劇のロケでは良く使われています。 秋山小兵衛に斬九郎・・その他いっぱい。 大覚寺の境内ほどでは無いけど、本当に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

滋賀散策 近江八幡 八幡堀

行きたい・・。 行きたい・・。 行きたい・・と思ってました。 時代劇のロケ地 近江八幡 八幡堀!。 ついに来ました。 時代劇大好きオジサンにとっては、 何処から眺めても名シーンが浮かびます。 何処から撮っても絵になります。 う~ん 堪りません。 初めてなのに、どこも見覚えがある。 鬼平犯科帳の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夜は・・JIN

日曜の夜は暇ですねぇ。 「JIN」が終わってしまいました。 最終回は原作とかなり違った展開で、個人的には消化不良でしたが、 ネットで検索すると、「これはこれで良し」とする支持派も随分入らっしゃるようです。 SF小説の最終回は、巨匠と言われる人達でさえ、皆さん苦労しているし、 こんなものかも知れませんね。 もっとも原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 大吉タクシー

上賀茂神社へ、タクシーで加茂川の堤を上がって行きます。 この日の京都は朝から雪。 料金を払うと、「今日の私の車は大吉ですので・・」 と、運転手さんからこんなブレゼントをもらいました。 あっ これって、そー言う意味なんですね。(^^♪ 面白い企画ですね オマケです。 私が時代劇が大好きで、雪の中 わざ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都散策 上賀茂神社 

京都・上賀茂神社にきました。 ここには、どーしても見たいものがあるんです。 時代劇ファンなら、なるほど あれね(^^♪・・と分かります。 神事橋 ここでどれだけの名シーンが生まれただろう。 斬九郎と蔦吉の雪のシーン。 秋山大治郎と三冬のシーン。 どれも、涙が出ますなぁ・・。(^^♪ ここも鬼平犯科帳の名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ショック! 秋山小兵衛さんの隠宅が・・

全く知りませんでした。  13日付けの毎日新聞夕刊のコラムでは・・ TVドラマ 剣客商売の中で、秋山小兵衛さんの隠宅として 使われたセットが昨年末に老朽化の為、取り壊されてしまったようです。 悲しい・・。  藤田まことさんも生前、このセットがたいそうお気に入りだったそうです。 京都・大覚寺から山手に上がった所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新御宿かわせみ 花世の立春

時代は明治になり、幼かった「御宿かわせみ」の子供たちも すっかり大人になって世代交代していた前作。 ほうほう・・それからどーなるのん?。 と、すっかり平岩弓枝先生の術中にハマってしまった。 主役は神林麻太郎と畝源太郎の2世コンビ。 タイトルが凄いなぁ。もう麻生花世は畝源太郎と結婚しちゃう。 なんという展開の速さか・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新 御宿かわせみ

やっと出た!。「新御宿かわせみ」文庫版 "神林東吾"と"るい"の物語は時代も明治に変わりましたが・・。 えっ? 東吾は行方不明で畝源三郎は、凶弾に倒れ、麻生家は 押し込みに入られて、生き残ったのは花世と宗太郎・宗三郎のみ?。 また随分とハデに整理されてしまいました。(笑) 主役は親から代替わりした、神林麻太郎と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうひとつの「鬼平」「剣客」「梅安」

池波正太郎の新刊が出た!と聞いて、慌てて本屋さんへ。 タイトルは "池波正太郎が書いたもうひとつの「鬼平」「剣客」「梅安」"。 もともと「もうひとつの・・」なんて、二番・三番煎じのタイトル が付いた本で、満足した経験が無いのでチト不安だったけど・・。 なるほどね。これは正真正銘の「もうひとつの・・」ですね。(^^♪ 文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんな!・・藤田小兵衛さん 早過ぎます

藤田まとこさんが亡くなりましたね・・ つい最近「剣客商売スペシャル」が放映されたばかりなのにね 残念の一言です 以前テレビで「お陰様で日本一の再放送男と言っていただいてます」と 仰ってたのが記憶に残ります またひとつ関西の大きな星が落ちました 寂しい限りです 原作の「秋山小兵衛」はたしか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2010 剣客商売スペシャル 道場破り

随分待ちました。 剣客商売SP「道場破り」 2008年の「春の嵐」以来ですかね。 このタイトルの原作がどうしても思い出せません。 書き下ろしなんでしょうか・・。 藤田・小兵衛と山口・大治郎 このコンビ良いですねぇ。 小兵衛さんの背がもう少し低かったら、原作のイメージにピタリです。 山口馬木也って俳優さんは、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木枯し紋次郎が帰ってきた

10月から時代劇専門Chで「木枯し紋次郎」が始まった 当時はまだ家庭用VTRなど無かったし 悲しいことに私の仕事が 月に7回程度の夜勤が組み込まれたローテーション勤務だったので 随分見逃しがあるはずで 長年気がかりだったのだが・・ 佐沢佐保の原作は全編2度読み程度はしているけど やはり市川崑の演出と紋次郎・中村敦夫のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009鬼平犯科帳SP

先日TVでやってました 往年のキャストで撮り直した鬼平SP やっぱり皆さん歳を取りましたね^^♪ 主人公の鬼平役 吉衛門 ジーサンですなぁ 目に力が無くなりましたね 久栄役の滝川裕美 もうアップはしんどいです でも役柄的には当時が原作より若すぎたのかも知れません おまさ役の梶 芽衣子 は剣客商売の不二楼・お元…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鬼平犯科帳 やっちゃった・・

剣客商売→藤枝梅安→鬼平犯科帳→真田太平記・・・・その他諸々 と池波文学を完全制覇?? して早10数年 以前 読みたい本が見当たらず 文庫中毒症の私は 一度読んだ「剣客商売」を間に合わせに ちょっと読んだら 止まらなくなって 完全二度読みをしてしまい 池波文学の 恐ろしさを体験しているのですが・・ やっちまったよ^^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おや? カワセミ? ・・御宿かわせみ??

「神林東吾」と「るい」の御宿かわせみが好きで 文庫が出る度に飛びついているのですが・・ 私 「かわせみ」という鳥がどんな鳥なのか・・さっぱり知りません と言うか・・トリの名前にたいへん疎いのです 先日 次男坊のカイト君と散歩中 池の畔で綺麗な小鳥を見かけました ズームを最大にして撮ったのが これ↓↓ 羽は鮮や…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

発見!! 秋山小兵衛さんの隠宅

某お山の中に 剣客商売・秋山小兵衛さんちの隠宅のセットがあると 聞かされてましたが 昨日偶然に発見しました(^^♪ ちょっと感動モンでした 隠宅前の小川に架かる橋も写ってますね もっとUPにしたら おはるや大治郎も見えるかも知れませんね ヘビさんが冬眠している間に一度訪れてみたいものです 藤田小兵衛さんの「剣…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久し振りに京都へ  時代劇大好き

久しぶりに冬の京都に出かけてきました  京都国立博物館に行ったついでに 以前から行きたかった大覚寺へ 時代劇大ファンの私は 池波ドラマの「鬼平犯科帳」や「剣客商売」の 最後に出てくる「ロケ協力 大覚寺」のテロップが前々から気になって いて機会があれば是非訪れてみたいと思ってました 五社明神の舞殿 「剣客商売」の中で秋山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

功名が辻 やっぱりヘンです(^_^;;

どうもNHK 「功名が辻」は司馬遼太郎の原作とは別のお話のようです いつまで経っても 千代は可愛い若奥様で 現代劇のホームドラマを 見せられているようですね 原作に見られるバツグンに頭の切れる女性 情報処理能力に秀でた女性 それでいて決して夫をないがしろにせず巧みに巧名へと誘導していく 才色兼備の名参謀 千代はどこへいった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心に残る「凄み」のシーン

私はいつの頃からか大の時代劇ファンになっていました 考えると「元々嫌いじゃなかった」+「自宅TVで時代劇専門チャンネル」 が見られるようになったのが原因のようです 子供時代は両親や祖母に連れられて 一週間に2度くらいは「3本立て  ・時代劇」を見てましたから この頃に「刷り込み」が有ったのでしょうね (^_^;; 子供心に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more