久しぶりに桜の近江八幡 八幡掘巡り(04/06追記有り)

早朝に自宅を出て車で2時間。

やって参りました! 滋賀県近江八幡 八幡掘です。
計算通りに8時50分着! ←上手い(^^♪ ←自画自賛


画像

日牟禮八幡宮の駐車場に車を停めて、9時オープンのクラブ・ハリエに。

画像

クラブ・ハリエは老舗和菓子屋の"たねや"の弟さんがやっている
人気の洋菓子店でバームクーヘンが有名です。

画像

中庭に面したオープンテラスで、紅茶と出来たてのケーキで一休み。
いつも通りカイト君とシズカちゃんも来ています。(^^♪

八幡掘巡りの遊覧船は10時スタート。
それまでここで休憩&待機です。


ここで突然登場 カイト君!
画像
(こんな時代もあったのさ お出掛けとオヤツはセットだよ by kaito)



さぁ! 10時になりましたよ。(^^♪

画像

クラブ・ハリエを出て、徒歩5~6分の船着き場に向かいます。
この写真どこかで見たこと有るでしょ?。

ピンポ~ン!!

鬼平犯科帳のエンディングのシーンで見ている石灯篭です。
宝暦12年(1762年)4月と刻まれています。

1759年 加賀金沢城が火災で消滅
1760年 徳川家治10代将軍になる
1767年 田沼意次 側用人になる

そんな時代でございますね。


八幡堀は時代劇のメッカと言われるところで、

鬼平さんも剣客商売の秋山小兵衛さんも、そしてそして
銭形平次も御家人斬九郎も水戸黄門様もこちらのご出身でございます。(笑)

画像

近江八幡人気の水郷巡りの遊覧船は大人2000円。
しかしこの八幡掘巡りは大人1000円。

満開の桜を眺めながら、のんびりと30分強の船旅です。
これほんとにお薦めですよ。

画像

八幡掘の説明はこちらをご覧ください。←手抜きでごめんなさい。

画像

いつ来ても本当に絵になる風景ですねぇ。
時々春風が吹いて、花弁が舞いながら川面に落ちていきます。

思わず「お気遣い感謝!」と言いそうになりますね。(^^♪

画像

ほら! 見えますか?
桜の木に隠れている火盗改めの密偵や、編笠十兵衛が。

時代劇ファンには堪らない場所なんですよねぇ。

この日は偶然にも時代劇の映画撮影に出くわしました~!。(^^♪

画像

明治橋の上に俳優さんとスタッフが待機してます。

私「何の撮影ですか?」
ス「すいません いえないんです。 言うと首が飛びます」(笑)

私「じゃあ 鬼平犯科帳ということで」(^^♪

画像

これ見ると、今は何時代?って思っちゃいますね。(^^♪
この明治橋も鬼平のエンディングに出てくる有名な橋です。

- 04/06追記 -

すいません訂正です。

鬼平犯科帳のエンディングに出てくる橋は
一つ東側の白雲橋です。

-------------------------------------

スタッフや関係者からの情報は一切無かったですが、
お昼を食べたお店のレジではお母さんが・・、

「今日は居眠り磐音の撮影やってますよぉ」

「女優の木村文乃さんも来ていますから ゆっくり見学して行って下さいね」

と情報ダダ漏れの映画撮影でございました。(笑)
- 世の女性の口に戸を立てることが出来たらノーベル平和賞? -

画像

ほら こんなとこにも。

左の木の上には飾り職人の秀が・・
屋根の上には三味線屋の勇次が・・いそうな気配。

画像

ほらほらこんなところにも(^^♪。
辰巳芸者の蔦吉姉さんかと思ったら‥違いました。

画像

八幡掘巡りの船が来ると・・・。
「船 来ましたぁ~~!」と助手さんの大声で当然撮影中止。

ちょいと船の私達にポーズを取ってくれる俳優さんも。(^^♪


「撮影中は写真撮影禁止で~~!」

「お静かにお願いまぁ~~す! カメラご遠慮下ぁさ~い!」

なんて言ってますが、現代人は全員スホマ持ってるし・・、
中国人なんか「なに言うてるか わからないアルヨ」ってことで効果無し。(笑)

画像

ここが本日の撮影場所です。
セットが組まれて俳優さんが大勢いました。

こんな人込みの中に、何気なく潜んでいるのが、藤枝梅安さんなんだけど。
あっ! 音羽の元締めも一緒ですね。 ほら そこそこ(^^♪

画像

「本番 いきまぁ~す!」で撮影スタート。(拡大してね)

橋の上や堀り端の通行人は、遠くの景色と一緒に写り込んでいきます。
その都度、スタッフが無線で指示を受けて俳優さんに伝えていました。

こりゃ映画ってお金が掛かりますねぇ。

※帰りに小道具を見たら、"今津屋 おぼえ帖"なんてのも有りました。

やはり木村文乃さんは"今津屋のおこんさん"役のようですね。
ネットで調べたら、松坂桃李が九州でロケをしていたらしいので
こちらが居眠り磐音役か?と言われていますね。


※今回はあまりに私の趣味に偏り過ぎた内容ですので
分けわからん!と仰る方にリンクを張らせて頂きました。

- 04/06追記 -

今回はあまりに楽しくて、私の言いたい事だけを並べて
随分と説明不足でした。 申し訳ありません。 

以下の資料を掲載いたします。
近江八幡市で貰った観光案内です。
拡大してご覧下さい。

画像

大杉通りから白雲館(観光案内所)で曲がり、日牟禮八幡宮に向かいます。
白雲橋を渡れば、左右に無料で車が駐車できます。

もう一つ 私が以前から閲覧させて頂いているサイトを
ご紹介させて頂きます。

「時代劇の風景」内
時代劇 ロケ地探訪」 です。


京都 大覚寺や今宮神社なども見て頂ければ
時代劇のワンシーンが直ぐに思い浮かぶはずですよ


実にきめ細かく、映画テレビの時代劇に使用された
場所を解説されていますので、京都や奈良・近江に
お出掛けの方はご一読をお薦め致します。(^^♪


--------------------------------------------


長文にお付き合い頂き有難うございました。

この記事へのコメント

ポジティブオーラ
2018年04月06日 06:48
おはようございます!
近江八幡ですか! 
全然知りませんでしたが
面白い処ですね。
時代劇の劇中にいるような演出
が凄いです!
y&mさんの趣味にピッタリで、嬉々と
されている様子が眼に浮かぶようです。
TVや映画でも時代劇が見られることが
少なくなっていますが、こういう
ところがあるのは良いですね。
驚きました!
2018年04月06日 08:04
我が家も2匹のワンコがいたから、お気持ちとても良く分かります
ガラスに黒い影が映ると、一瞬ワンコが開けろと来たのかと思ったりしちゃいます
ちなみに17年と16年生きましたが、2ヶ月の差でこの世を去りました・・・
北海道や長野、群馬、福島、山形など車内泊の旅を一緒によくしましたっけね(T_T)

近江八幡ですか
一度行ってみたい所です
鬼平や時代劇で使われているんですね
全然知りませんでした
鬼平大好きなので、絶対行ってみたいです
ところで撮影した場所って、行けばすぐに分かりますか?

それにしても川に枝垂れる桜と木造の船
実に見事な写真ですね
まさに江戸時代にタイムスリップしたような感じで、とても素敵です

自分はテレビのロケや撮影って実は嫌いです
テレビが最優先、テレビなら何をしても良い、撮影の為なら一般人に迷惑かけてもへっちゃら
そんな態度が見えるが嫌ですね
カメラご遠慮下さいって言うなら、一般人が入れない場所でやれって言いたくなっちゃいます
ダメかな???
2018年04月06日 09:03
鬼平犯科帳のロケ地を歩かれましたか、すばらしいです。
2018年04月06日 17:49
こんにちは

いえいえ
迫真のレポ
恐れ入りました
私もエキストラやってますので
状況はよくわかります
しゃべりたくても
しゃべることができないところも・・
2018年04月06日 20:24
こんばんは。
たねやは、デパートに入っていて時々買います^^
石灯籠素敵ですね、、いえいえそれより映画撮影レポート、面白いです^^
スクリーンで観てしまうとあっという間のシーンも、きとあれこれ大変で手がかかっているのでしょうね。
八幡堀めぐり、行ってみたいです。
2018年04月06日 21:42
ポジティブオーラさん コメント有難うございます。今回は私一人で燥いでまして、記事中、十分な説明をしていませんで申し訳ありません。本日、データを追記致しましたので、ぜひ一度訪れて頂きたいですね。(^^♪ 私も撮影は初めて見ましたが、実に緻密な作業ですねぇ。俳優さんを支えるスタッフの人数が多いのにもビックリでした。
2018年04月06日 21:59
ゆけむりさん コメント有難うございます。ペットロス
症候群って分かりますねぇ。彼が去ってからもう足掛け6~7年になるのですが、突然涙が溢れてくることが有ります。近江八幡は「時代劇の撮影」を売りにしていまして、駅の観光案内所やパンフレットの(A)白雲館でも所狭しと写真が貼ってありますので、直ぐに分かりますよ。実は私もTVの撮影スタッフにも随分は嫌な思い出が有ります。仰る通り彼らは報道取材とバラエティの区別がつかない輩が多いです。私は以前、昼休みに大阪城公園のベンチで読書中に「このベンチで撮影したいからどいて欲しい」と言われたことがあります。撮影許可も取らず行き当たりばったりですから「もうすぐ退くから待ってなさい」と言って一時間昼寝をして帰ってきました。(笑) たいていの場合はTV局を名乗っていても、下請けの制作会社の連中ですから、そんな教育も受けてないのでしょうねえ。今回の映画スタッフは実に統制がとれて紳士的でしたよ。皆さん 腰が低くて「ご協力お願いします」のスタンスで気持ちが良かったですね。八幡堀は良い所ですのでお勧め致しますよ。
2018年04月06日 22:02
寿々木さん コメント有難うございます。近江八幡はこれで3度めですかね。前回、堀巡りの時に船頭さんから「桜のシーズンが最高」と言われていましたので、今回は散り際を狙い撃ちでした。(^^♪ 
2018年04月06日 22:06
無門さん コメント有難うございます。映画のエキストラってたいへんですね。今回の撮影を見ていても良く分かりました。(^^♪ 皆さん ほんの一瞬の映像の為に、ジッと我慢されてるんですからねぇ。
2018年04月06日 22:25
JKさん コメント有難うございます。たねやさんは女性には有名ですよね。(^^♪ 甘いものが苦手な私ですが、たねやさんのものは美味しく頂いてます。最後の写真を良く見て頂くとお分かりになると思いますが、木村文乃さんの前に子役が3人いまして、会話にすると二言三言のワンシーンなのですが、この間の通行人(橋の上)の俳優さんにも細かい演技の指示が飛んでいましたね。私も今回は実に良い勉強になりました。八幡掘りは桜の後は堀端に菖蒲(アヤメ?)の花が咲きます。良い所ですよ。関西にお越しの際はお帰りに寄ってみて下さいせ。
2018年04月06日 22:38
詳しい情報ありがとうございますm(__)m
俄然近江八幡に行きたくなってきました
いや、直近は色々と忙しいので、涼しくなった秋ごろ行けたらと思っています
なんせ鬼平の大ファンなので、撮影場所と聞いたら行きたくてウズウズしています(笑)
時代劇ロケ地探訪もこれから見てみます

あっ、近江牛も有名だし、他にも美味しそうな物がありそうですね、なんだか楽しみが増えました(^^)v
2018年04月06日 23:16
ゆけむりさん RES有難うございます。京都の大覚寺と今宮神社も八幡掘と同じくらいに出てきますよ。是非チェックしてみて下さい。それと今回全く気付かなかったのですが、「休暇村・近江八幡」が在ったのです。次回は名古屋で"ひつまぶし"を食べて休暇村で近江牛を食べて、翌日に八幡掘りにと考えております。(笑) 紅葉の季節も良いですねぇ。(^^♪
2018年04月07日 11:16
こんにちは。
時代劇の撮影って、なんかテンションあがりますね。
桜の咲くころは貴重だから、こうやっていい時期には撮ってるんですね。
鬼平犯科帳の鬼平も時代が時代なら、茶屋で食べたのはバームクーヘンだったかも♪なんて思っちゃいました。ってテレビの見すぎですね。^^
2018年04月07日 12:21
TAMOさん コメント有難うございます。クラブ・ハリエのバームクーヘンもたねやの和菓子も有名ですから、鬼平も黄門様もきっと食べてるはずですよ。(^^♪ 八幡掘は京都の撮影所からも近くて便利が良いようですね。仔馬ちゃん誕生おめでとうございます&お疲れ様でした。(^^♪
2018年04月07日 18:07
近江八幡・・・いつか訪ねてみたいです
y&mさんが楽しそうに記事を書かれているのが、伝わってきました
2018年04月07日 21:42
クリムさん コメント有難うございます。今回はあまりにも私、燥ぎ過ぎですね。(^^♪ 近江八幡は京都からでも電車で35分ほどです。駅からタクシーで直ぐですので、京都旅行のお帰りにでも簡単に寄り道出来る便利さですよ。
2018年04月08日 09:26
全く土地勘が無いのでもう少し近江八幡についてお聞きしたいのですが、桜の季節が一番良いようですが秋もそれなりに楽しめますでしょうか?
それともし行くとしたら近隣に宿はあるのでしょうか?
あるいは近くの観光地とセットで楽しめるお奨めの地域やナイスな温泉があったら是非教えていただけたらと思います

地図を見ると横浜から車だとけっこう遠そうです
やはり新幹線かなと思うのですが、現地で移動するには車の方が良いかとも感じました
休暇村・近江八幡のHP見ました
情報ありがとうございました
現在秋の旅の候補地NO1になっております(笑)

お~、名古屋でひつまぶしですか?
実は自分も・・・
GW前にケチケチ旅行で有休消化を兼ねて西に突撃する予定です
先日一番有名なアノ店の本店を予約しました(^^)v

何度もコメントして申し訳ありませんm(__)m
2018年04月08日 20:57
ゆけむりさん コメント有難うございます。近江八幡の秋は私も行ったことが無いですねぇ。春・夏・晩秋でした。秋のご旅行なら断然京都がお勧めですねぇ。ありゃ何処も造形美の極みですよ。朝から晩まで紅葉見物の観光客でいっぱいです。夜間もライトアップしてますし。朝から新幹線で京都着して、大覚寺~(竜安寺・石庭)~今宮神社~上賀茂神社~京都駅。ここで一泊されて、翌日JR東海道線で近江八幡(京都から35分)へ。駅からタクシーで確か2・3メーターで八幡掘着です。もしくは当日に京都から近江八幡まで足を延ばして、近江八幡の休暇村か駅前と八幡市内のホテル(近江八幡観光協会のサイトにでています)泊でしょうねぇ。ビジネスホテルも多々有ったはずですよ。京都・近江での温泉はあまり聞かないですねぇ。私が知らないだけかも知れませんが。有名なのは雄琴温泉(あの超有名な雄琴温泉の向かい側にある本物の温泉でございます) 蓬莱さん、予約されましたか?!。ありゃ絶品でしたよ。(^^♪ 私は飛び込みで行きましたが、店前で大勢の人が名前を書いて待ってました。15分置き位でドンドン入店していくので意外と早いですね。あの大盛りはもう食べられません。(>_<)
2018年04月08日 21:58
説明を補足する為にメッセージを入れました。
ご確認下さいませ。(^^♪

この記事へのトラックバック