司馬遼太郎記念館

前々から行きたい場所だったのです

東大阪にある「司馬遼太郎記念館

画像

画像

こちらの表札は司馬遼さんの筆みたい

画像

自宅に隣接する、安藤忠雄氏設計の記念館

地下1階~3層吹き抜けの大書架
ここに氏の作品と資料が2万冊 圧巻です

よくぞこれだけ書いたもんだと思う
よくぞこれだけ読んだとも思う

画像

氏の作品に因んで「菜の花」が飾り付けられています

画像

自宅の書斎が庭から眺められます。
ここからあの名作が次々と生まれたのですねぇ

画像

当たり前ですが・・記念館は入り口から「禁煙」です

愛煙家の司馬遼さんが「いやぁ ほんまにごめん 堪忍してや」
なんて言ってますよ・・きっと

次の目標はお江戸・浅草の「池波正太郎記念文庫」!

この記事へのコメント

ナムダー
2015年02月15日 16:18
申し訳御座いません、コメント遅れてしまいました
この記事にはコメントさせて頂かないと…

ですが、この前は何百回と通っていますが、実は一回も入館した事が御座いません

中はどんな感じでした?
逆に私がお尋ねしておりますが…
y&m
2015年02月15日 23:25
ナムダーさん 記念館の中は司馬さんの直筆の原稿や愛用品と共に、膨大な蔵書・出版物の展示。そしてグッズ売り場とファンが、語らう為のパーラー等が作られています。当然展示物ですから眺めるだけです。出版物は全て初版らしいですが、表紙しか分かりません。資料などは手にとって読みたい物も随分と有りましたがこれも眺めるだけ。(笑) ここは司馬遼太郎という作家が書きあげた本を眺めながら、其れを読み続けてきたファン一人一人が、当時の自分を重ね合わせて物思いに耽る場所ですね。私も随分と読んだつもりですが、3~4割は未読があるようです。500円という入館料も嬉しいですね。

この記事へのトラックバック