もうひとつの「鬼平」「剣客」「梅安」

池波正太郎の新刊が出た!と聞いて、慌てて本屋さんへ。
タイトルは "池波正太郎が書いたもうひとつの「鬼平」「剣客」「梅安」"。

もともと「もうひとつの・・」なんて、二番・三番煎じのタイトル
が付いた本で、満足した経験が無いのでチト不安だったけど・・。

なるほどね。これは正真正銘の「もうひとつの・・」ですね。(^^♪
文壇デビュー前に、既に新国劇で一流の劇作家だった池波氏。

画像

収録されているのは、脚本でした。

「狐火 鬼平犯科帳」昭和46年4月初演 明治座
長谷川平蔵 松本幸四郎
妻 久栄   中村又五郎
おまさ     丹阿弥谷津子
相模の彦十 清水彰
文吉      中村吉右衛門

「剣客商売」昭和56年6月初演 帝国劇場
秋山大治郎 加藤剛
秋山小兵衛 中村又五郎
おはる     真木洋子
田沼意次   辰巳柳太郎
佐々木三冬 香川桂子

「必殺仕掛人」昭和50年9月初演 明治座
藤枝梅安  緒方拳
彦次郎   清水彰
おもん    珠めぐみ

作・演出は全て池波正太郎。

面白いですね。イッキに読んでしまいました。
池波氏ご贔屓の、中村又五郎が「鬼平」の久栄役をしていますね。
それにしても、豪華な顔ぶれですな。

以前から思っていることなのですが・・、
「剣客商売」の主役は最初"秋山大治郎"だったのでしょうね。
確か、連載のスタートは、"大治郎"が独り、道場でねぶか汁で
朝飯を食べているシーンから始まったように記憶してますが・・。

連載を続けている間に、スーパー爺様・小兵衛さんの個性が
強烈で主役が入れ替わっちゃった?。

来年定年を迎える若輩者の私は、池波文学をリアルタイムで読んで無い・・。
う~ん。 ここらがねぇ・・。 弱みですねぇ。(笑)














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック