正統派の波止釣り師だった時がある 

昔 大阪湾は松林の続く美しい砂浜でした 
どこでも海水浴が出来たんじゃないの?川だって昔はもっときれいだったのです
(知り合いは埋め立て前の長堀川で泳いで遊んだそうだ)

私が子供の頃 大阪湾に臨海工業地帯なるものが海を埋め立てて造られた
当然 松林の砂浜は姿を消してしまった 企業が押し寄せて来て護岸を守る
ためにテトラが入れられ 波止(防波堤)が造られた 

オヤジの自転車の荷台に乗って大和川尻の埋め立て地までサヨリ釣りに行っ
た記憶がありますね 29才の時に身体を壊して2ヶ月ほど仕事を休ん
だのを切っ掛けに釣りを再開?しました

この頃から波止通いを始めました 20年近く毎週毎週 土日は波止の上でした
色んな釣り師を見て色んな釣り方を見て工夫しての繰り返しです チヌ(黒鯛)
とスズキがメインです 人様に自慢できるサイズはあまり無いですがそれなり
に十分楽しんでました この頃は雨なら雨で釣り方が有り 狙いが有り 風が
吹けば吹いたで狙いが有りで全天候型の釣り師であったようです 

大阪湾のように 埋め立てた前方に波止を造り また沖の波止まで埋め立て
また前方に波止を造る波止の長さも1~2km前後 際はドン深で5m~10m
はある こんな場所は他にあまり無いようですね

特に5~6月の夜釣りが最高に面白くって 暗闇の中 波止際を竿一本を持っ
て延々と迎えの船が来るまで探り歩いたもんです 浮き無し・1号程度のシン
カーだけの簡単な仕掛けですが 1ヒロ~1ヒロ半くらいで大物が食ってきます
ラインに遊びが無い分 竿が短い分 魚の引きが十分に楽しめます 
真っ暗な海の中から突然「竿を引っ手繰られる」経験をすると身体中のアドレ
ナリンが沸騰するのですが 表に出さずひたすら穂先に神経を集中して 音を
立てずに歩きます これ病みつきになりますね
特に夏前は一発大物が出やすい季節です

この釣りを秋まで続け ツバス・ハマチが回遊してくると小鯵を背がけの泳がせ
釣りになります 一転釣り歩く攻めの釣りから 待ちの釣り師に変わります 5号
の誘導浮きが一気に海中に消しこんで行く時が最高にスリルです

ハマチが姿を消す頃に 蝦撒き釣りに移ります 季節は秋から冬 でも寒さもあ
まり気にならないのです 波止も釣り方も段々と繊細になってきます シラサ蝦
を撒きながら魚を寄せての釣りになります これを春先まで続けます 冬の澄ん
だ海は海底まで見えます この情報が濁りの入った夏の海での釣りに生きます

こんな生活を20年近く続けてた事が懐かしいですね 腰痛持ちで波止際を長い
時間足音を忍ばせて歩くことが出来なくなりました 老眼が進みテトラの上をライ
トなしで探り歩くのは無理です 怖さが出ました(^_^;; 

たまに気合を入れて前夜から釣行の用意はするものの 風があれば理由にし
雨が降れば理由にし なかなか家を出られません
お連れが有り 予約も入れて自分を「ガンジガラメ」にしないとGOできないのです
困った 困った

理屈と思い出ばかりになると ダメですね 人は・・(笑)
釣果が欲しい・・2003.04

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

パブリカ
2006年06月09日 19:59
鮎解禁、最近ビデオを見て士気を高めてます。
鮎解禁前後は毎年キス釣りです。
この時期のキスは大型で面白い。
先日31日に行って来た。
一日ボートをこぐと鍛えてないお尻が痛い!
3日経てもヒリヒリ痛いけど人には言わん。
このパターンが4・5年続いています。
その後はアユです、今年の遡上が1.5ヶ月いやそれ以上遅れたのと違うかな?解禁前の試し釣りは、プロも全くのお手上げの河川がありました。急いで成魚放流したとか。何でも最初が肝心で、入漁券の売れ行きは、解禁初期が80%位じゃないかと思うから、最初の釣れ具合が大事で売上げに影響するはず。
話がアッチコッチしますが、皆様一度ボートでキス釣りを経験して見て下さい、面白いよ!!小浜西小川貸しボート朝5時から一日駐車料金を含んで3000円です。
また貧乏人が金のこと言ったけど、面白いよ!
2006年06月10日 02:30
パブリカさん コメントありがとうございます
西小川は私も昔よく通いました エエとこですね 只今私 喪中でございまして来年はボート
で昼寝しにいきましょか(^o^)

この記事へのトラックバック