本屋で我慢していること 

私は自慢じゃないが 若い時に全く小説を読みませんでした あの文字の羅列を
見て あんなものの何が面白いのだろう と思っておりました 一見して中身が判
らないのが原因かも知れません 自分の興味の有ることなら(音楽や電気・機械
の専門書を読むことも)苦にならないのですから 多分に 読まず?嫌いだったの
でしょうね

反動がきてます 30代からぼちぼちと文庫本に手を出し始めて 現在は週/2~
3冊のペースで読み漁っています 最近少しペースダウンしてますが・・原因は老
眼が進んだのと好調阪神タイガースお陰です(^_^;;  文庫本を読む時間にスポー
ツ新聞読んでる時が多くなりました 秋まで続くんでしょうね このペースは・・

以前から本屋に行く度に「何を考えてるだい?」と思うことがいくつかあるのです
店員の「ブックカバーは必要ですか?」「袋は必要でしょうか?」 というご親切な
質問が私の神経をピリピリさせます ブックカバーが無くても良い人って どのく
らいいるんでしょう? 

必要に決まってると思うのは私だけなのかな? 広いリビングルームで牛革の
ソファに身を沈めてゆっくり読書できる方にブックカバーは不必要でしょうが・・
生憎 私なんざぁ 満員の通勤電車の中での立ち読みが大半でしてね それに
いちいち自分が何の本を読んでいるのか他人様にお知らせするつもりも有りませ
んので ブックカバーは「要るんだよぉ~!」って心の中で絶叫しているのです(笑)

最後まで綺麗な本で読みたいし バックに気軽に押し込んでも表紙は痛みません
し いっそ「ブックカバーが不要な方はお申し出下さい」って張り紙でもしときゃ良
いものを・・そんなに上質の紙を使っているわけじゃないのにねぇ

余談ですが ブックカバーの無い本を堂々と読んでいる人の大半は 英文か図書
館からの借り出しが多いと思うのは私だけでしょうか??(^_^;; 
深い意味はないですが(笑)

それに一冊ならともかく 2冊以上の本を買っても「袋は必要ですか?」ってホント
に不親切ですねぇ 外が雨でも平気で客に問う店員がいるのには閉口してしまい
ます 経費節減の一環かも知れませんけど行き過ぎですね
袋が要ります!と答えたら 「報復処置?」としてシッカリとセロテープで封をする
のも我慢できませんねぇ(^_^;; 今からすぐ読みたい本だって その中にあるんだ
よ だから買ったんだよ 封してどーすんの! それにお店が自分に「はい 貴方
の買った本はこれだけです 帰りにお店の他の本を袋に入れないで」って言われ
てるようで とっても不愉快な気分で本屋を出ることが多いです

以前 京阪天満橋の某百貨店に(05.11 現在 京阪シティーモールに店名が変
わっています)テナントとして入っていた某有名書店は 立ち読み防止の為に雑
誌類 は全て厳重に縦横 紐でガードされていました その一冊をレジに持ってい
たっらそのまま袋に入れてくれました(笑) この本屋は「袋はいりますか?」とは
聞きませんでしたが紐掛けた本をそのまま渡すのなら オマケでハサミも入れて
くれたらシャレで済ませることが出来るけど・・やっぱり笑えない(^_^;

あまりに無神経なので「私は本の中が読みたいから 紐は外してください」という
と店員は怪訝な顔をしてました もう少し社員教育に力を入れてくれよぉ ○善さ
んって思いましたね 今はテナントが入れ替わって 淳久堂が入って気分もかな
り良くなりました

どこの本屋さんも本を探す時はとても親切なのですが その後の対応は首をひ
ねることが多いですね 
本屋さんのレジで暴れてるオジサンが居たら私かも知れません・・(笑) 
03.07

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック