y&m独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 道標(石モノ)あれこれ

<<   作成日時 : 2018/03/09 23:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 107 / トラックバック 0 / コメント 14

前回、空欄の有る年表で触れましたが、
私 石物(石碑・道標・石灯篭等)に刻まれた
年代を調べるのが大好きでして。

切っ掛けは2006年から2008年に掛けて、大阪から熊野三山
を歩いた時の手引書(ガイド)で、それが ↓ ↓の二冊の本です。

画像
藤白神社宮司 吉田昌生氏の「熊野への道 上・下」
こちらは和歌山県藤白神社で入手可能です。

画像
武藤善一郎氏の「大阪の街道と道標」
今は絶版で、武藤氏のお手物にも在庫は有りませんが
大阪の主な図書館に寄贈されていますので閲覧可能です。

両氏ともご自分で街道を歩かれて、御覧のような詳細な
手書き地図を書かれています。

これを頼りに、道々に有る石物を眺めながらの歩きでした。
これが病?の始まりでして、有名な社寺を訪れる度に
国宝のご本尊より、境内の石物の周りを、カメラ片手にグルグル。(^^♪

更に、「スエさんの空白年表」に出会って益々加速致しました。(笑)

畦道に石が立ってたら覗き込み、墓石の年号まで興味を
持つなど・・だんだん怪しい爺様になってきましたね。(>_<)

で・・、今回は
手持ちの資料をいくつか見て頂こうと思います。

画像
和歌山県紀三井寺境内の石灯篭 安政五年(1858年)。
安政の大獄が始まった年。安藤広重没61歳。
吉田松陰らが処刑されたのはこの翌年。

画像
奈良春日大社境内の石灯篭
元禄十五年(1702年) 赤穂浪士討ち入りの年ですね。
これが献灯された時は、まだ吉良上野介もご存命?。

画像
こちらは大阪南部のお寺の境内
手水鉢にもたいていは年号が刻まれていますね。
天保二年(1830年)は良寛没 73歳。 
東海道膝栗毛の十辺舎一九没 52歳。

画像
意外と多いのが町角のお地蔵様
通称「みちびき地蔵」なんて呼び方をしますね。
ここは大阪泉州地区に残る、熊野古道で、地元では
小栗判官のお話から小栗街道と呼ばれています。

このお地蔵様も屋根に「右 おぐり 左みずま」と刻まれています。
年代は不明です。
ご近所に古い地蔵様がいらっしゃったら、コッソリ前垂れを
上げて見ると、「右○○ 左○○」と刻まれていることが多いです。

※コッソリとメクリ上げるって行為はどうも・・なんというか・・。
別にスカートを持ち上げてるわけではないのですが、毎回
ちょっと人目を感じております。(笑)

画像
あっ 先を越された(>_<)
それにしてもチョークがそのままってのもねぇ。
綺麗にして行って欲しいですなぁ。罰が当たるよ。
右 大へちみち(大辺路) 左 しんぐうみち(新宮)

那智勝浦・補陀洛寺から那智大社に上る道筋でのお地蔵様です。
裏の年号が確認できませんでした。

画像
和歌山県湯浅町・深専寺 宝永4年(1707年)と嘉永7年(1854年)に
津波の大被害を受けたことで、災害時の心得を記した碑が門前にあります。 
現在の津波の心得と全く同じことが書かれています 
画像
宝永4年の津波は井戸の水も変化しなかったが地震があれば、
火の始末をして、この門前から東へ向かい、天神山の方へ避難せよ等と
書かれています 
大津波の2年後 安政3年(1856年)に建てられた石碑です。

和歌山県は江戸時代に2度、大地震による津波被害を受けてまして
現在も町中には海抜が表示されています。

画像
たぶんこれが私の見た一番古い石物?。
「安松八丁畷の石地蔵」

大阪南部の泉南地方は今も地名に「砂川」の名が残る
砂岩の多い処で、当然風化が激しく、この祠も今は
年代を読み取ることが出来ません。
説明では正平一八年(1363年) 和号が"貞治"と重なるややこしい時代。
正平一三年(1358年)足利尊氏没53歳

お地蔵様曰く・・
「古い言うても、ピラミッドやスフィンクスと比べんといてね。(^^♪」

画像
大阪堺市の旧市街地・大道筋に面する
妙国寺の道標・安永六年(1777年)
平賀源内がエレキテルを完成した翌年・・らしい。
ひょっとしたらこの道標、ポルトガル語が分かるかも・・。(^^♪


※お気付きかも知れませんが、道標等は自然と地中に埋もれていきます。
また本来、地道に有ったものが、舗装工事で僅かづつ埋没することも。

この為、最下部に書かれた文字が全く見えないものも有りますし、
現代社会では、通行の妨げになるケースも多々有り、
車等の衝突で破損しているものも多く見受けられます。
(お寺や神社の境内に移設されているのは良いほうかも?。)

個人的には、もう少し歴史的遺物として教育委員会などが
大切に保護・保存して欲しいと思っておりますが、なかなかに難しいことですねぇ。

 


さて・・ここまでマニアックなお話にお付き合い頂きまして
誠にありがとうございました。


いつもこんな目で世間を見ているので、時々他人様が
気付かないような、ツマランことに気付いて、ゲンナリすることも有ります。


これは以前、拙ブログでも書きましたが・・
例えば大好きな時代劇をテレビで見ている時にも・・。

画像
拡大してみてね(^^♪
エエ場面やのに・・臨場感もなにも無い! (>_<)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 107
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
y&mさん おはようございます!
大阪から熊野まで歩かれたのですか?
熊野古道をたどり、熊野三山を
目指すのはロマンがありますね。
ただ歩くだけでなく、調査を楽しみ
ながらでしたら疲れも少ないことと思い
ます。
お地蔵さんが道標にもなっていたのは
全く知りませんでした。
面白いですね!
いつまでも元気で続けられますことを
祈っております。

ポジティブオーラ
2018/03/10 07:46
大阪から熊野三山まで!!これは吃驚仰天です。
私も熊野三山を那智駅発乗り合いバスで毎年訪れていました。歩くのは大門坂、那智の滝と那智大社の間だけ。このころから草花に興味を惹かれて、石はほとんど見ませんでした。
寿々木
2018/03/10 09:23
ポジティブオーラさん コメント有難うございます。こんな事をしながら歩いていると、集団で歩くことが出来なくなりますね(笑)。それと目線がどうしても道際に行ってしまいます。ウォーキング猛者の方は日に30km〜40km程度は歩かれるのですが、私の場合は20km弱が精一杯ですねぇ。今は身体を壊したため、車移動しか方法が有りません。(@_@)
y&m
2018/03/10 09:53
寿々木さん コメント有難うございます。大門坂は古道の良い雰囲気を残していますね。那智大社のお隣、青岸渡寺の境内にも立派な石が有ったはずと調べましたら、宝篋印塔 元亨2年(1322)なんてのが有りました。上記の八丁畷の石地蔵よりさらに40年以上古い物でした。(笑)寿々木さんのお陰で新記録達成です(^^♪。有難うございました。(笑)
y&m
2018/03/10 10:19
こんにちは

当時にタイムスリップしたつもりで
自分をそこに置いてみると
楽しい風景が見えるかも
無門
2018/03/10 20:46
歴史を感じながら歩くのは素敵ですね。
私はいつもポカ〜ンと空を見上げながら歩くので・・・今度は道標にも注目してみます♪
時代劇の画像にクスッとなりました
クリム
2018/03/11 12:16
こんばんは。(^▽^)
時代時代に補足説明が入るって素敵♪
歴史もこうやって教えれば授業ってもっと面白くなるのに…
時代劇もこの視点で見たら楽しそうですね。
TAMO
2018/03/11 20:29
無門さん コメント有難うございます。そうなんですよねぇ。石物に刻まれた和暦は前後の出来事や、その時代を生きた人々と合わせて見ると楽しい想像ができますね。
y&m
2018/03/11 22:53
クリムさん コメント有難うございます。楽しい雲の写真をありがとうございます。私と真逆ですね。(笑) 道標やみちびき地蔵は注意すると、身近に随分と有ると思いますよ。(^^♪
y&m
2018/03/11 22:58
TAMOさん コメント有難うございます。やはり年表には空白が要りますね。朧気にもどんな時代だったか分かります。石物ファンになると、今まで気付かなかった事も"目から鱗"で突然にスッキリする時が有ります。これは又の機会にご紹介させて頂きますね。(^^♪
y&m
2018/03/11 23:05
どこかで見たことがある道標やお地蔵さんが‥
懐かしいですな。その節は大変お世話になりました。m(__)m

私も最近、全く歩いてません。中山道をいつかは、と思っているのですが、夢で終わりそうです。^^;
まちへい
2018/03/14 08:24
まちへいさん コメント有難うございます。もうかれこれ10年が経ちそうですねぇ。熊野古道で出会った道標や地蔵様は友人みたいなものです。(笑) ところで"大炎上"いかがでした?。まちへいさんにはまだ物足りないかも。(^^♪
y&m
2018/03/14 21:11
報告が遅くなりすみません。大炎上いただきました。
辛いです。相当辛かったです。^^;
普通のほうは一袋で缶ビール1本でしたが、
大炎上は全部食べようとすると、ベロベロに酔っぱらってしまいそうです。さすがに一袋一気に全部は無理でした。
でも、癖になりそうです。^^
まちへい
2018/03/15 08:10
まちへいさん コメント有難うございます。まちへいさんクラスでも大炎上は辛かったですか?やった〜(笑)。となると私が飛び上がっても不思議ではないですね。(^^♪ 追い打ちをかけるようですが、先日大辛の一味唐辛子を入手しまして、昨夜試食したのですが・・。強烈でしたぁ(>_<)。またここでご紹介させて頂きます。(T_T)
y&m
2018/03/15 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
道標(石モノ)あれこれ y&m独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる