y&m独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 老々介護 黙ってこらえて

<<   作成日時 : 2018/02/13 10:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 12

本日は我が実母のお話でございます。
大正13年生まれの94歳。

以前、義母のお話で書きましたが、性格が真逆でして・・。(>_<)

この二人、近所の高齢者マンションの2階と3階で
普段は暮らしているのですが、以前にも書きましたように
半年交代?で転倒→骨折→手術→入院→リハビリを
繰り返す"剛の者"でございます。

さてさて実母ですが、8人だか9人だかの兄弟の長女でして
人には頼らない! 自分の事は自分でする!。
下の弟妹も兄弟はぜんぶ「私が育てた!」と言い切るバァ様です。

でねぇ・・この強気が時々裏目に出るんです。(笑)

マンションの廊下を杖無しでスタスタ歩いて転倒骨折。
壁の孫の写真を台座に乗って拭き拭きしてて転倒骨折。
(この時はテレビも転倒骨折)

その都度病院にいくのですが、ここが問題で。(>_<)

まず自分が車椅子に乗っていることがミットモナイ。恥ずかしい。
ストレッチャーやベットに乗ったまま移動するなんてとんでもない。
そう考える人でして・・。

定期健診で病院に行って、待合室の前を車椅子の人が通ると・・。

母「わっ あれはイヤヤなぁ!」 「あんなんにはなりとないわ!」
私「こら 黙りなさい おこられるで」


更に、動揺する息子夫婦に追い打ちをかけるように・・。


点滴をつけた患者さんがベットで運ばれてくると・・。

母「わっ こんなんになりたないで!」 「あんなんなったらアカンで!もう」
私「たっ 頼むから声ださんといて (>_<)」 ・・と口を押えると

母「こら! 息がでけへんがな 死んでしまうがな ほんまに なにすんねん!」
私「もう うるさいからいっそ死んだらどない? 静かになるし」(^^♪
私「それに今度 言うたらその口抓るからな!」

って御仁でございますので・・。


自分が骨折で運ばれた時は当然、大嫌いな車椅子にご乗車です。(笑)

これが実に面白い。

まず毛糸の帽子を深目に被って、下を向き手で顔を隠す。
母「そやかて・・恥ずかしいがな」
私「ほらみてみいな ひと様の事、偉そうに言うてるからや」(笑)

しかしこれはほんのプロローグ。

痛い痛いと言いながらベットに寝かされたら、看護婦さんに囲まれ
「これからレントゲン 行きますよぉ〜」。

さぁたいへん 普段そこらの爺様・婆様がストレッチャーで運ばれて
行くのを見て、罵詈雑言?の御仁ですから、これは死ぬほど辛い。
いや オモロイがな。(^^♪


しかし・・このバァ様には起死回生?の一手が有りましたとさ。


ベットのまま運ぶので付き添いの看護師さんが4人。
邪魔になるから、私と奥様は廊下で待機。
この日は他の患者さんのお見舞いに来た人達も廊下に大勢いまして・・。

そこに運ばれてきたうちのバァ様。


奥「いややわぁ ちょっとぉ パパ!」

私「ええぇ〜〜! なっ 何をしてるねん??・・」


なんと手に持ってたフェイスタオルを顔にかけて、手を布団の中で
組んで動かない・・まるで・・まるで・・。

廊下に居たお見舞いの人達が皆 後ずさりして道を開けてます。
・・「可哀そうに・・亡くならはったんやわ」

「うっ 嘘ですよぉ〜 そのバアさん 生きてますから〜」
とも言えず絶句で見送る私と奥様。(>_<)

母「そやかてかっこ悪いがな(笑)」


伯父たちが見舞いに行くと言うと「こんでええわ 恥ずかしい」
「サッサと治してこっちから行ったるがな」なんてね・・板挟みも辛い。(>_<)

こんな方ですから、その後のリハビリも、痛い痛いと言いながら頑張ります。
義母と違ってせん妄も起こさず「サッサとこんなとこ出て遊びに行くねん!」
の一念で、3度の骨折も克服して今はピンピンしてます。

画像
(バァ様 ご愛用 GEMINO 30)

「マンション前の坂道を押し車で、駆けあがって行くんですよぉ もう怖くて」
と看護師さんから泣き言を聞かされることも。

片方は入院の都度、老化が目立つようになってくるし、
片方は元気?になってくるような(>_<)。

今も2〜3週間に一度、図書館で分厚い文芸全集を借りて
持って行くのですが、3冊くらいならすぐに読んでしまいます。

テレビはほとんど見ず、俳句を捻ってるみたいです。
(上手いのか下手なのか知りませんが)

もともと多趣味で色々な習い事に手を出す人なので
一人暮らしも、あまり退屈しないようです。
高齢になってくると、性格から来る差が大きいですね。

これであの口の悪さが無かったら・・なんてねぇ。(^^♪

※長文のお付き合い、有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 80
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

口八丁
手八丁
元気の秘密ですね
無門
2018/02/13 18:53
こんばんは。
お身内の方はさぞ困ることも多かろうと推察できますが、お母様のように気がしっかりなさっている方は、幸せだと思います。周りをはらはらさせるような元気なお年寄りは頼もしくて、素敵だと思います^^
私も将来そうなりたいです。
JK
2018/02/13 20:45
こんばんは。
黙ってこらえて(笑)タイトルお上手です。(^▽^)
内容的に笑ってはいけないと思いつつ、お母様とのやりとりに
こちらが黙ってこらえられませんでした。
お顔にタオル…そこまでしても見られたくなかったんですね。
TAMO
2018/02/13 21:23
無門さん コメント有難うございます。義母と実母を見ていると、人はこれまでの生きざまで、老後のスタイルが随分と変わるもんだと思いますね。私の老後400日計画も多分に実母から影響を受けてますね。(^^♪
y&m
2018/02/13 22:44
JKさん コメント有難うございます。性格が真逆の二人のバァ様を見てると、自分達の老後スタイルを真剣に考えますね。(笑) いつも言っているのですが、実母の場合は遊びまわった挙句に、最後は竜馬の如くバタッと前向きに倒れるんじゃないかと思います。(^^♪
y&m
2018/02/13 22:51
TAMOさん コメント有難うございます。こんな一連のやり取りが脚色無しなのが・・良いのか悪いのか。(笑) もともと他人様への依存性が低い御仁なのですが、タオルを顔に掛けるなんて、危機回避能力が高すぎますよね。(^^♪
y&m
2018/02/13 22:57
何とも元気で可愛いお母さん
ですね! でも周囲はハラハラ
させられている様子が目に浮かび
ました!
声に出すのも、自分自身に言い聞かせ
ている言葉かも知れないと思い
ました。
大事にしてあげてください!
ポジティブオーラ
2018/02/14 07:29
ポジティブオーラさん コメント有難うございます。我が家の場合はこんな両極端の二人のバァ様を相手にしてます。プラスマイナスでハラハラドキドキ状態ですねぇ。(>_<) 相手が高齢ですから、この状態が何時までも続く事は無く、次のステップでどう変わるのか・・両方ちょっと怖いです。
y&m
2018/02/14 09:29
おはようございます。
今日の記事を読ませてもらって感じ入りましたよ。
もう居ませんが家の母も大正生まれで人目は気にするわ、負けず嫌いやし、テレビでも見てじっとしていればいいのに面白くないと動けない体を動かして、ごぞごそして扱けるし、
じぶんの調子の悪い時は救急車は勝手に呼んでいるし(呼ぶほどのこともなのにね)施設に入れたら勝手に「あそこは私には合わん」と言って帰って来てるし、・・・・・・あ〜もう愚痴の山盛りでしたよ。
でも人への思いやりもも人一倍だったので今となっては懐かしいです。
お大事にしてあげてくださいね。
大正生まれは見たような性格を持っているのかな?
多くの戦争を経験して独立心か強いのかしら?
ゆらり人
2018/02/14 10:12
ゆらりさん コメント有難うございます。お母さまのお話に逞しさを感じました。(^^♪ 私達の曾祖父母・祖父母や両親は激動の明治・大正・昭和を時代に翻弄されつつも逞しく生き抜いてきましたね。そんな環境で一家を成し子を育て、今日の日本の繁栄を底辺で支え続けた、けっして歴史に名を遺すことは無かったかも知れませんが、皆さん 一人一人が英雄だったと思っております。この先人の頑張りや忍耐をいかに我々から次の世代に伝えていくのか? 大きな課題ですね。偉そうな事を言ってる私自身、先人達の遺産で生きてる部分が大半で・・難しい問題ですよねぇ。
y&m
2018/02/14 11:18
y&mさん、こんばんは。
お疲れさんです。
私の両親も、家内の両親も
皆さん85歳以上生きられました。
幸いなことに皆さん長患いはせず、
私達の介護も今ほどではなかったと思います。

お元気な時は「老いては子に従え」
とは言えても、現実には難しいですね。
奥さんと貴方と親御さんとの
体力勝負ですね。上手く
見送ってあげればよいですね。
セラ吉
2018/02/15 00:19
セラ吉さん コメント有難うございます。とどのつまりは、これですよね。どこまで「上手く見送ってあげる」そして、「上手く見送ってもらえる」ことができるのか?。私ねぇ、認知症も老々介護も、昔からあったと思うんですよ。そして取り巻く環境も現在ほどでは無い状態の中で、親達も頑張ってきたんですよねぇ。それを考えると、少々の事は出来るだけ笑って済ませたらと思います。とても難しい事だと思いますが、同じ立場の方々も皆さん頑張って行きましょう!。(^^♪ 
y&m
2018/02/15 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
老々介護 黙ってこらえて y&m独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる